2007年04月20日

結婚式のご祝儀の金額なんかについて思うこと

結婚式に招待されることはとても喜ばしいことだと思います。



やはり友人や知人、職場の同僚や先輩、上司などなど様々なケースが考えられますが、結婚式というおめでたい場に声を掛けてもらえるということは基本的に良好な関係という前提で考えると喜ばしいことです。



ですが、結婚式に招待された側として正直気になるのが、ご祝儀。


事前に「ご祝儀にいくら持ってきて下さい」という案内があればアレコレと悩まずに済むのでとても便利で合理的だと思うのですが、日本の文化というか「わかるだろ??」みたいな複雑な空気が漂います(笑)



それなりに年齢が高く、社会的にも地位の高い人ならばそれなりの金額が求められている部分もあるかもしれません。



また既に結婚式に招待したことがあり、ご祝儀をもらったことがある人であれば、自分が結婚した当時に今回結婚する方に頂いたご祝儀の金額なんてのも記憶にあるわけですから、また一つの判断材料・・はたまた悩みの種になったりします。



結婚式はたしかにおめでたいイベントだというのは解りますが、でも色々な事情でちょっと持ち合わせが無いという時もあったりします。こういった場合が一番困ったりするわけですが。。



キレイ事では「参加してくれるだけでいいよ」と相手は言ってくれるかもしれません。もちろん心からそう思って招待してくれる友人もいることでしょう。



ですがやはり結婚式は一生に一度のお祝い事なので、多少無理をしてでもそれなりの金額を出したいと思う人が多いようです。


やっぱり友人達の記憶に一生残るでしょうから。。。
posted by 披露宴 大好き! at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚式のご祝儀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。